いわゆる”タブー必須音感”の自己ですが、感想博士、ひいては声優ちゃんに下僕になったのも中学世の中が初めてでした。

何フェチ?という問われれば「音フェチ」といった即答し、CMや漫画、広範囲のナレーションを聞けば一発でどの声優ちゃんが係されているかうなずける、いわゆる”NO強要音感”の己ですが、音フェチ、ひいては声優ちゃんに専念になったのも中学校時代がようやくでした。
元から漫画は見極める人物だったのですが、当初は別に音は気にせず演説を重視する人物でした。但しとあるお日様、某音声ホームページで「○○キャラに歌わせてみた」といった、今日思えばまん中の者関わりの音声に出会ったのでした。好きなキャラが歌ってる!!と感激した自身は、他にもないかとつながり音声を漁りやることになります。そうして「声優ちゃんって強いなあ…」という声優ちゃんに夢中になる物事となったのでした。
そうして、範囲ひろしなどの音を係されている藤原啓治ちゃんに出会ったときの落胆は今日だに忘れません。世の中にこれ程素敵な音があるのか、といった、自分の憧れど綿密の音だったわけです。今は病気静養まん中という事ですが、毎日も速い復職を熱望しております。マイナチュレは評判がいい

いわゆる”タブー必須音感”の自己ですが、感想博士、ひいては声優ちゃんに下僕になったのも中学世の中が初めてでした。