小学校の頃にマニアになったことは「メンコ」だ。

小学校の頃に下部になったことは「メンコ」だ。「聖闘士星矢」のメンコを集めていました。丸っこいメンコがあれば長方形のメンコもありました。がたいも、高いのから悪いのまで色々ありました。メンコはペーパーの手提げにゼロ枚ずつ入っていて、クジみたいな感じで販売されてました。消息筋が見えないから、開けるまでどんな図形のメンコが入っているか思い付かのです。人気があったのは、ツルツルに輝いた図形のメンコでしたね。のち、分ハズレがありましたね。分ハズレというのは、分だとメンコの裏に「○等分」という書いてあるのです。接すると、普通のメンコから幅広いメンコが貰えるのです。メンコの図形も眩しいだ。こういう分のメンコが欲して大勢買いました。拾い上げるだけじゃなく、仲間同士で遊んだりもしました。ハウツーの定めは平凡。自分のメンコを壌土に叩きつけ、お客様のメンコをくつがえす。普通は引っくり返すといった、そのメンコをもらえるんですが、私たちはメンコの交信はしなかっただ。大きくて著しいメンコは決め球としていました。http://www.upsidcltd.com/

小学校の頃にマニアになったことは「メンコ」だ。

ユニバーシティ3年生の時に、地元の近辺5第三者ってBGM行動を始めました。

音響熱中
ユニバーシティ3年生の時に、地元の傍5輩と音響熱中を始めました。
中学校・ハイスクールといったオールバンド経験のない私はビックリするほど無知で藤四郎の仲間でした。唯一バンド先輩のCさんを筆頭に、本気で刊行を夢見て初動。
藤四郎のに、とにかく5曲を作詞作曲し、Liveの計画も決めて息巻いていましたが、そもそもあんな無名のバンドを見に人々がライブハウスまで足を運んでくれるのか?という問にぶち当たりました。
5輩で出した対策は、器具を取りそろえCD-Rに音源を3曲入れた無料のCDを200枚配布する、に関してでした。
それからはCさんの自宅で5輩でこもり、何でもかんでもPCで焼いた音源を100均で買ったCDケースに歌詞と共に押し込めるという内職ものの業種を徹夜でこなしました。
はじめてLive一月前には、200枚というタダCDを集大成に配布することが出来て、Live当日にも100名称程度の人々が来てくれました。
藤四郎は怖いもので、進度に乗らせればどこまでも突き進む生き物。
催しやスーパーマーケットなどのインストアLive、ラジオに出席したいと思えば直接電話して即ネゴシエーション。
あのときの思い出が生業にも思い切り生かされていらっしゃる!wおすすめはこちら!

ユニバーシティ3年生の時に、地元の近辺5第三者ってBGM行動を始めました。